腰痛

腰痛でお悩みの方

腰が痛い...

腰が痛むという経験をしたことはありませんか?

単に腰が痛いといっても、立ち上がるときに痛む方、歩くと痛む方、横になると痛む方など様々です。

医療機関を受診したにも関わらず、原因不明の腰痛であると診断されることも少なくありません。

それだけ腰痛は複雑なのです!

しかし、腰痛には必ず原因があります。

そこを追求していかなければ、腰痛を改善するのは不可能です。

 

腰痛の原因追求

まず、痛み全般に関してですが、その原因追求には仮説を立てて推論する事が最も重要であると考えています。

痛みという結果を招いたと言うことは、痛みの元という原因があるのではないか?

置き換えると、身体の中に痛みという被害者がいるのであれば、原因という犯人が必ずいるであろう。ということです。

言わば、犯人捜しです!

その犯人を捜すために、その方のこれまでの歴史を辿ったり、解剖学に基づいた全身評価をしていく必要があります。

要は、腰が痛いからといって、腰部だけに注目するのではなく、過去に足関節を痛めた痕跡はないか?首を痛めた痕跡はないか?など、解剖学に基づいた判断をしていきます。

そうすると、その方の中にいる犯人を高確率で捕まえる事ができるのです!

 

腰痛を諦めない!

現在、原因不明の腰痛は、全体の約85%だと言われています。

しかし上記の通り、腰痛には必ず原因がある。矛盾しているようですが、原因がなければ痛みが生じるわけがないのです。

では、原因は何か?

それは、多くがご自身の中で無意識的に行っている姿勢や動作なのです!

その無意識的な姿勢や動作は、身体の偏りを作ります。この偏りが身体の捻れとなり、捻れた腰の組織には繰り返し負担がかかり、そのバランスを取ろうと違う組織も捻れるという悪循環が生じるのです。

この悪循環を改善させるために、左右の関節チェックや筋肉のチェックを行なって仮説を立てるのです。

例えば、左の仙腸関節が右と比較すると動きが少ないとします。ここで仮説を立てるなら、動きの少ない左の仙腸関節を、腰椎がカバーしようとして腰に痛みが生じてるのではないか?となります。

実際に、こちらの例は非常に多い事例ですが、もしそれで結果が出れば、被害者が腰椎部であり、犯人は仙腸関節だったということになります。

その他にも、足関節捻挫の既往から腰痛を生じさせているケースもあります。人の身体は繋がっているので、足からの運動連鎖が、腰にまで影響するということも少なくないのです。

足の捻挫を甘くみてはいけません!

 

まとめ

犯人を捜すためには、その方の歴史の把握と、解剖・生物学、疼痛誘発テスト等の、整形外科テストが非常に重要です。

この犯人を捜す武器が多い人こそ、ファースト仮説の可能性を高く感じています。

仮説を立て、実証してフィードバックすることで、腰痛を改善する糸口が見えてくるものと強く感じています。

TerraceJでは、腰で悩んでいる方をサポートするために、腰痛改善コースもご用意しております。是非ともご相談ください。

[no_toc]

-腰痛

Copyright© 美 Body make Gym Terrace J , 2020 All Rights Reserved.