整骨院開業までの流れ

step
1
事業計画

整骨院開業に限ったことではありませんが、事業を始める際に必ず必要なのが事業計画です。開業までの期間は半年〜1年とも言われてますので、まずは開業予定日を明確にし準備をする必要があります。将来どのような整骨院にしたいのかイメージしながら、開業場所や必要資金(家賃・工事費用・医療機器・人件費・その他固定費)などを具体化し総額を算出しておきましょう。

実費メニューはどうするのか?サロンやパーソナルジムを併設するのか?物販を取り入れるのか?など細かいことも考えてみましょう!

 

step
2
資金計画

資金計画とは開業に必要な資金をどこから調達しどのように運用していくか、という計画のことです。整骨院の開業資金は200〜1000万円が一般的です。親族からの援助などを含め、開業にあてれる自己資金はいくらあるのかをしっかり計算しておく必要があります。

一般的に運転資金は6ヶ月分とも言われますが、資金計画から必要な金額を算出しておきましょう。資金調達では、医療機器はリース会社、それ以外は日本政策金融公庫からという方が多いです。

 

step
3
物件選定

開業場所の選定は今後の収益を左右すると言えるほど非常に重要です。まずはターゲット層を明確にすることをオススメします。例えば学生をターゲットに考えているなら近隣に学校はあるのか調査が必要ですし、人の流れを狙うなら駅やバス停の確認が必要です。いずれにしても市場調査を行い、ターゲット層にマッチングした場所を選定できるよう準備しておきましょう。

テナントを検討されている方は内装工事に制限はないか?駐車場があるのか?なども調べる必要があります。また、近隣の同業者数も確認しておきましょう。

 

step
4
内装工事

内装工事は長期化するケースが多く、開業予定日に間に合わないこともありますので、テナントが決まったらすぐに内装業者に見積もり・発注しましょう。またレイアウトはもちろんですが、電気総容量やコンセントの配置をしっかりと確認しておきましょう。

電話・インターネットの開通工事も時期によっては長期化する恐れがあります。早めに対応できるように内装業者と相談しておきましょう。

 

step
5
医療機器選定

医療機器は整骨院のイメージやコンセプトに合わせて選定していきます。医療機器は高額な製品が多いので、弊社ではデモンストレーションを実施したり、一緒にメーカーへ訪問して選定のお手伝いをするなどのサポートをしております。また医療機器は安価で導入することも重要ですが、導入後のアフターフォローがしっかりしている商品を選定するのも重要です。

まずは高額な製品から選定する必要がありますが、ベッドやテーピングなどの消耗品も並行して選定するのを忘れないようにしておきましょう。

 

step
6
広告・宣伝

まずはホームページやチラシを制作して整骨院を周知することから始まります。特に新規の患者様は認知度によっていく場所を選びますので、費用はかかりますが宣伝することをオススメします。

弊社ではホームページ制作やチラシ作成のサポートもしております。是非ご相談下さい。

 

step
7
採用・教育

スタッフを採用せず全て一人で経営する方も多いですが、患者数が増えてくると受付スタッフや柔道整復師が必要になってきます。逆に立ち上げからスタッフを採用する場合は求人を掲載して募集したりと時間を要します。教育もゆとりを持って実施できるように早めに採用計画を立てておきましょう。

患者様のリピート率は身体の症状だけでなく、スタッフの対応で左右してきます。教育が十分にできなかったとしても、患者様とのコミュニケーションは大切にしましょう。

 

step
8
開業

いよいよ整骨院開業です。これまでの準備でホッと一息つきたくなりますが、ここからがスタートです。コンセプトに基づいた整骨院にするために今一度事業計画を見直しても良いかもしれません。

開業当初は患者数が増加しないなどの悩みを抱えることが多くあります。弊社では開業後も継続してサポートさせていただきますのでご相談ください。

 

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

 

Copyright© 株式会社 Terrace J , 2021 All Rights Reserved.